FlowExpert2D2C | カトウ光研株式会社
カトウ光研株式会社

FlowExpert2D2C

HOME製品案内 > FlowExpert2D2C
FlowExpert2D2C
高機能流体解析ソフト FlowExpert2D2C
高精度かつ高速演算を実現した流体解析ソフト
カタログダウンロード 可視化事例集
可視化技術の見える化

特徴

従来のソフトウエアと比較しても驚異の超高速解析となっております。 また相関係数を手軽にチェックできる機能がついており、輝度の平均や標準偏差と合わせて最適な解析条件を簡単に調整できます。キャリブレーション方法も3種類搭載しており、撮影方法に合わせて適切にお選びいただけます。PIVだけでなくPTV(粒子追跡法)も搭載しており、通常の2値化相関以外にも粒子マスク相関法や移動平均2値化相関にも対応しており、精度高く粒子抽出をすることができます。更にPIVデータとして変換することもできるので、汎用性の高い解析が可能になっております。低濃度の粒子情報で精度の高い解析が可能ですので、気泡や液滴などを含む流体に最適です。導入から問題解決までトータルでサポートできる流体解析に最適なソフトウエアです。
計測スピードの向上
マルチスレッド処理(SSE3)により高速演算が可能となりました。当社比125倍の計測スピードを実現、計測時間の短縮によりサンプル数や計測枚数をより多く算出できるため、計測の結果の精度向上やストレスのない環境での実験が可能です。業界最速の計算速度を誇ります。
ソフトの安定性
PIV解析の膨大な計算量にも安定した動作を実現。高画素の画像やフレーム数が多い場合でもPCがハングアップすることなく最後まで確実に計算できます。
簡易な操作性
操作性に関しましてもツリー形式を採用しており、作業の手順や出来高もすぐに確認できることで、ビギナーからエキスパートまで幅広くご活用いただけます。またプロジェクトファイルで操作を常に管理しており、解析項目の途中でソフトを終了しても次回は前回の続きからすぐに操作を続けられます。
マルチ解析項目
従来の、ベクトル・流線・コンター図などの算出に加え、渦度・流脈・流跡線・レイノルズ応力・乱流エネルギーなどが新たに追加されました。上記以外にも、計測したい範囲を自由に決められる「マスク機能」やキャリブレーションのXY軸の方向が自由選択できるなど使い易い機能が追加されております。気流・水流を問わず、流体にまつわる計測には最適なソフトに仕上がっています。

解析画像

  • flowexpert解析画像(1)元画像
    (1)元画像
  • flowexpert解析画像(2)マスク画像
    (2)マスク画像
  • flowexpert解析画像(3)速度ベクトル
    (3)速度ベクトル
  • flowexpert解析画像(4)カラーコンター
    (4)カラーコンター
  • flowexpert解析画像(5)流線算出
    (5)流線算出
  • flowexpert解析画像(6)渦度算出
    (6)渦度算出
  • flowexpert解析画像(7)渦度
    (7)乱流エネルギー(等値面)
  • flowexpert解析画像(8)速度標準偏差(等値面+線)
    (8)速度標準偏差(等値面+線)

主な用途

  • 風洞空力実験の車両・航空機周りの流れ
  • 装置内の流れ(冷却効果)
  • 室内環境や家電製品などの空調関係
  • 河川・海岸工学・環境水理
  • 人工血流、呼吸器モデルなどの医療関係
  • 竜巻、ヒートアイランドなどの耐風・風工学

円管内乱流のPIV(数値流体との比較)

円管内乱流のPIV
粒子画像提供 明治大学 榊原潤先生
測定のイメージ図
測定のイメージ図
平均速度のグラフ
平均速度
対数則速度分布のグラフ
対数則速度分布
RMS速度のグラフ
乱流強度
グラフ説明
引用文献
実線(DNS)Wu, X. & Moin, P., J. 2008, Fluid Mech., 608, pp. 81-112. http://web.stanford.edu/group/ctr/research_data/pipe/re24k_statistics.txt
円管内流れの発達乱流において、 CFD(数値流体解析)の算出データとPIVによるデータの比較を行いました。 CFDの算出データを実線、PIVのデータを赤印で表示しております。 シミュレーションで導き出された結果と実際の流れを計測した結果と比較し、 その差異を確認することがPIVの導入事例として多くあります。 シミュレーションの結果だけでは検証が不十分だと考えるお客様には、 実測になるPIV解析法は最適な計測手法になります。

可視化事例

マウス血管での赤血球動態のマイクロPIV
画像提供:自治医科大学 西村教授
使用機材
FLOW EXPERT 2D2C
津波遡上
撮影協力:海洋研究開発機構様   五洋建設株式会社様
               北海道大学 泉教授   株式会社ノビテック様

仕様

測定項目 2次元2成分PIV、2次元2成分PTV
計算方式※ PIV 直接相互相関法、再帰的相関法、全画像変形、アンサンブル相関法、Correlation-Based Correction
PTV 2値化相関法、粒子マスク相関法、移動平均2値化相関、Grid point interpolation
キャリブレーション 画像距離指定、2次射影変換、校正版使用
ベクトル項目 XY合成、X、Y、相関係数、平均
解析項目 流線、流脈線、流跡線、渦度、速度勾配テンソル、乱流エネルギー、レイノルズ応力、速度標準偏差
計測点CSV出力 速度(X、Y、XY合成)、渦度、速度勾配テンソル、乱流エネルギー、レイノルズ応力
グラフ表示 時系列、指定ポイント、ライン、エリア(移動距離、速度)
画像処理機能 各種フィルター、画像演算、画像間演算、輝度補正、凸部検出
誤ベクトル修正 相関係数、平均輝度、標準偏差、速度(u,v,uv)、8近傍平均(速度,角度)、8近傍中間値(速度,角度)
入力画像フォーマット AVI、WMV、JPG、BMP、TIFF、PNG連番   ※WMVでは大容量ファイルに対応できないことがあります
出力画像フォーマット AVI、WMV、JPG、BMP、TIFF、PNG連番
データフォーマット プロジェクト形式、CSV形式
対応OS Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 (64/32BitOS ※64Bit推奨) 日本語版/英語版

関連製品

PIV LaserPIV LaserPIV Laser
水流や気流などの流れ場を可視化する流体評価の基本ツール
USB高速度カメラ K5 USB高速度カメラ K5
高速流体に対応した撮影速度を誇る超高感度USBモデル
USB高速度カメラ k8-USB USB高速度カメラ k8-USB
高精細・高感度を実現したkシリーズのベストセラーモデル
煙発生装置煙発生装置煙発生装置
気流を可視化することに最適な高追随性のスモークマシン
レンタルのご案内
カタログダウンロード