システムシュリーレンSS series

システムシュリーレンSS_series_製品写真

”シュリーレン法の新基準”
システムシュリーレンSS seriesは、光軸調整の大幅な簡素化により、これまで手間が掛かっていたシュリーレン撮影が手軽に行えます。Wパス方式(観測空間に2回平行光が通過)によって微細な現象も高いレベルで可視化を実現します。コンパクトな筐体で省スペース設置が可能な点も魅力の一つ。スライド式光学系により観測空間の調整が自由自在で、研究に応じた最適な設定ができます。

カタログダウンロードお問合せ・技術相談

システムシュリーレンSS series可視化事例 シュリーレン法による可視化技術

溶接シールドガスを可視化

溶接シールドガス

水中超音波の可視化

水中超音波(300kHz)

高圧エアノズル噴射を可視化

高圧エアノズルの噴流

シリンダー内燃焼波の可視化

シリンダー内の燃焼波

ラバールノズルからの衝撃波を可視化

ラバールノズルからの超音速流れ(衝撃波)

プラズマアクチュエータの熱流体を可視化

プラズマアクチュエータ

航空機モデルまわりの衝撃波

超音速流中における航空機・宇宙機モデルまわりの流れの可視化画像です。
大気吸込式超音速風洞装置を製作して、設計マッハ数2.0、断面40mmx40mmの流路内に航空機モデルを設置。モデルまわりに発生する流れ場を可視化しました。

半頂角15°のくさびまわりに発生した衝撃波角度から、設計マッハ数通りに超音速風洞装置が作動していることがわかります。また、スペースプレーンやMiG-29のような複雑なモデルまわりに発生する衝撃波や膨張波も、鮮明に捉えることができています。

撮影協力:
東洋大学 理工学部機械工学科 航空宇宙システム研究室
藤松 信義 先生

  • 航空機周りの衝撃波
  • くさび型モデル周りの衝撃波
  • スペースプレーンモデル周りの衝撃波
カラーシュリーレンで衝撃波を可視化_衝撃波とは

衝撃波とは【技術コラム】

運動解析とは、人や物の特徴点ごとの座標値を算出し、動きが加わった時の変化量を算出する画像処理技術です。モーションキャプチャー、動作解析とも言われています。人の関節やロボットのノズルなど、計測したい対...「衝撃波とは」続きを読む

主な用途

戦闘機の衝撃波

圧縮性流体の研究、衝撃波の可視化

超音波洗浄

超音波の可視化

燃焼

燃焼・爆発現象の観測

IRカットフィルタ

ガラス・IRカットフィルタの品質評価

ろうそくのシュリーレン画像_シュリーレン法とは

シュリーレン法とは【技術コラム】

シュリーレン法とは、透明体の中に屈折率の異なる部分があるとき、光の進行方向の変化を利用してその部分が明確に見えるようにする光学的手法です。媒質中を伝播する衝撃波や超音波の進行状況、炎による気流の上昇...続きを読む

システムシュリーレンSS series製品概要

  1. 仕様・ラインナップ
  2. オプション
  3. 可視化事例

タブ内容を展開する(公開サイトには表示されません)

タブ1(公開サイトには表示されません)

モデル 観測有効径 サイズ(W×D×H mm)
※突起部・ミラーを除く
観測時の長さ(W) 光源 重量
※電源を除く
SS50Ⅲ-L5C φ48mm 455×205×292 585mm LED 5W 約7kg
SS100

φ100mm

585×299×421 860mm キセノン 75W 約21kg
SS100-300W 590×300×468 855mm キセノン 300W 約23kg
SS100-L 578×300×421

851mm

LED 5W

約20kg

SS150 φ150mm 720×405×476 1080mm キセノン 75W
またはLED 5W
約40kg

SS200

φ200mm 935×490×520 1290mm キセノン 75W
またはLED 5W
約68kg
※本体サイズは予告なく変更することがあります。ご了承ください。
※キセノン・LEDの交換ランプも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

タブ1 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ2(公開サイトには表示されません)

システムシュリーレンオプションのミラースタンド

ミラースタンド
対象物が有効観測範囲に収まらない場合、ミラースタンドが有効です。反射ミラーを取り外し、ミラースタンドへ取り付けて設置することで、自由に観測空間を拡張できます。

システムシュリーレンオプションの拡大光学系

拡大光学系
ノズルからの噴流可視化に最適な光学オプションです。観測空間を現象に合わせて拡大して撮影ができるので、局所的な流れや微細な構造を詳細に把握できます。

ハイスピードカメラの一覧

ハイスピードカメラ「k series」

撮像部(ハイスピードカメラ・高解像度カメラ)
現象に応じてハイスピードカメラや高解像度カメラを選択いただけます。
「高速現象における対象物の形状変化を正確に把握する」、「微細な構造を観測して検証する」などカメラスペックの最適なご提案をいたします。

ハイスピードカメラ-製品ラインナップ

ハイスピードカメラ-製品ラインナップ

ハイスピードカメラの製品ラインナップ一覧です。人間の目では捉えきれない高速現象を克明に可視化し、解析ソフトウェアを組み合わせることで、様々な物理現象を数値化。ハイスピードカメラは研究開発・生産分野の発展には欠かせないアイテムです。
詳細ページ

タブ2 終わり(公開サイトには表示されません)

タブ3(公開サイトには表示されません)

超音速流れ:オブジェクト周りの衝撃波を可視化【シュリーレン法】

使用機材

撮影協力:横浜国立大学 空気力学研究室 北村 圭一 先生  福嶋 岳 特任研究員
超音速流れ中に置かれたオブジェクト周りの衝撃波をシュリーレン法で可視化しています。オブジェクトは直径14mm 半長角15°の円錐型模型。主流マッハ数1.8の流れで発生する衝撃波をシュリーレン法で可視化し、ハイスピードカメラで撮影した映像です。撮影した映像から画像解析でマッハ角を算出しマッハ数の推計まで行った事例となります。


斜め衝撃波の反射形態を可視化【シュリーレン法 ~ ノイマン・パラドクス】

使用機材

撮影協力:豊田工業高等専門学校 機械工学科 小谷 明 先生
超音速で伝播する衝撃波をシュリーレン法で可視化しました。衝撃波管で発生させた衝撃波をオブジェクトに衝突させ、反射する様子をシュリーレン法で捉えています。


【脱CO2社会~次世代エネルギー】水素を見える化する~シュリーレン法

使用機材

次世代エネルギーとして注目される「水素」をシュリーレン法で可視化した事例を紹介いたします。ノズルから放出される水素の”密度差”をシュリーレン現象として捉えています。

タブ3 終わり(公開サイトには表示されません)

ここまで
(公開サイトには表示されません)

システムシュリーレンSS series「SS100」 製品の外観と可視化イメージ

システムシュリーレンSS100_全体像

システムシュリーレンSS100全体

システムシュリーレンSS100の外形寸法

外形寸法

システムシュリーレンSS100の観測有効径

φ100mm:観測有効径

観測イメージ

システムシュリーレンSS_series_エアノズルを配置
システムシュリーレンSS_series_エアノズルからの噴流

システムシュリーレンSS100では観測エリアへ対象物を配置(またはかざす)して観測します。図の例では、エアノズルから音速で流れる空気を可視化しています。ノズルから音速で流れる空気の衝撃波(ショックダイヤモンド)が観測できます。

観測エリアを拡張

システムシュリーレンSS_series_観測エリアを三脚で拡張

反射ミラーを取り外して三脚に設置したイメージ

システムシュリーレンSS_series_観測エリアを拡張_超音速風洞

超音速風洞の窓越しに反射ミラーを設置したイメージ

反射ミラーを取り外して三脚に固定することで、観測エリアを拡張できます。可視化したい対象が大きい場合や装置の観測窓越しなど、観測エリアを拡張して撮影することができます。


システムシュリーレンの製品カタログダウンロードを下記よりお受けしております。
製品の詳細・技術相談などもお気軽にお問い合わせください。
※お電話でも受け付けております。

カタログダウンロードお問合せ・技術相談

「SS Viewer」 シュリーレン専用 画像処理ソフト

SS_Viewerで音波を可視化

空気中の超音波を可視化
左:シュリーレン法のみ    右:シュリーレン画像にSS Viewerを使用
SS Viewerによる画像処理の映像では、粗密波である音波の様子も可視化

新次元の”見える化”を叶える
シュリーレン用画像処理ソフトウェア「SS Viewer」


これまで見えなかった微細な密度勾配を、シュリーレン現象にカスタマイズされた画像処理で見える化。

複雑な設定や操作は不要で、手軽に使用できます。通常のシュリーレン撮影だけでは捉えられなかった現象を明らかにします。見えなかった世界を見える化する新たな画像処理ソフトウェアです。

「SS Viewer」を使用するメリット

  • シュリーレンの調整が手軽に:適切なセッティングで撮影ができているか?現象の発生を確認ができるため、調整が手軽になります
  • 微弱な現象も可視化:衝撃波の伝播では、強い波周辺で発生している微弱な波まで高感度に捉えます
  • ポスト処理も高精度に:衝撃波のマッハ角抽出からマッハ数推計の検証を高精度に行えます
  • 密度勾配が小さいガスも明確に:密度勾配が小さく、見えにくかったアルゴンガスや窒素ガスも鮮明に可視化できます

「SS Viewer」で画像処理をした可視化事例

斜め衝撃波の伝播
オブジェクトを配置して、斜め衝撃波が伝播する様子をシュリーレン法で可視化した映像です。高速で伝播していく衝撃波を、ハイスピードカメラで撮影し、「SS Viewer」で画像処理を行いました。

通常のシュリーレン映像では捉えきれない ”弱い衝撃波”が追従して伝播していく様子までわかります。


シュリーレン用画像処理ソフトの製品カタログダウンロードを下記よりお受けしております。
製品の詳細・技術相談などもお気軽にお問い合わせください。
※お電話でも受け付けております。

カタログダウンロードお問合せ・技術相談

関連製品

凹面鏡式シュリーレン一式の製品写真
凹面鏡式シュリーレンCM series

システム型シュリーレン

シュリーレン用キセノン光源XE-S製品写真
シュリーレン用キセノン光源LS series

シュリーレン用キセノン光源

シュリーレン用凹面鏡CO-S製品写真
シュリーレン用凹面鏡CM

シュリーレン用凹面鏡(単体)

溶接中シールドガス可視化システムShield_View製品写真
Shield View

溶接中プロセス可視化システム

ハイスピードカメラflux_k-240製品写真
ハイスピードカメラflux k-240

解像度1280×1024時 1,000fps
最高撮影速度:40,000fps

ハイスピードカメラPhantom_VEO_series製品写真
ハイスピードカメラPhantom VEO series

解像度1,280×960時 10,860fps

ハイスピードカメラ製品ラインナップ製品写真
ハイスピードカメラ

ハイスピードカメラ製品ラインナップ

固定配置お問合せ・技術相談ボタン
サポート

製品のデモ、お見積りについてなどサポート全般のご紹介。

計算サイト一覧

可視化や画像分析に役立つ計算を行います。

カトウ光研公式ユーチューブチャンネル

製品のサンプル動画と可視化事例のご紹介しています。

お問い合せ・技術相談
Tel.0463-91-1281
受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)

Copyright (C) カトウ光研株式会社 All Rights Reserved.