• 流れを可視化する_煙の画像
  • 微粒子を可視化する_クリーンルーム内の画像
  • 溶接を可視化する_溶接中のシールドガスを見える化
  • 製造プロセスの不良を可視化する_自動車の画像
  • 脈理を可視化する_ガラスの画像
  • 可視化撮影 カトウ光研株式会社
  • 流れを可視化する_煙の画像
  • 微粒子を可視化する_クリーンルーム内の画像
  • 溶接を可視化する_溶接中のシールドガスを見える化
  • 製造プロセスの不良を可視化する_自動車の画像
  • 脈理を可視化する_ガラスの画像
  • 可視化撮影 カトウ光研株式会社

ニューリリース NEW

Flow ExpertⅡ_製品画像_小

NEW PIVソフトFlow ExpertⅡ

好評をいただいていたPIVソフト「Flow Expert」が大幅にバージョンアップしてNEWリリース!わかりやすいインターフェースと直観的な操作性はそのままに、新たな機能・解析項目を追加して生まれ変わりました。流体解析の新しい可能性を提案いたします。
※旧ソフトウェアのプロジェクトデータもそのまま読込可能です。

製品ページ

製品情報 PRODUCT

PIVシステム2D2C_製品画像

PIVシステム
2次元2成分・ステレオPIV 各システム
詳しくこちら

PIVコンポーネント_製品画像

PIVコンポーネント
PIV計測に必要な光源・ソフトウェア
詳しくはこちら

システムシュリーレン_製品画像

シュリーレン
システム型・凹面鏡式・レンズ式 各シュリーレン
詳しくはこちら

微粒子可視化システム_製品画像

微粒子可視化システム
微粒子可視化、飛沫・エアロゾル可視化各製品
詳しくこちら

溶接可視化システム_製品画像

溶接可視化システム
シールドガス・ヒューム・スパッタ可視化
詳しくはこちら

ハイスピードカメラ_製品画像

ハイスピードカメラ
fluxシリーズ・kシリーズ・Phantom
詳しくはこちら

目的・用途別の可視化技術 VISUALIZATION 

気体を可視化している画像

気体や液体の流れを可視化する

「気体や液体の流れを可視化する」とは、流体を見える化してカメラや目視で観察できるようにすることです。通常は目に見えない現象を可視化することで、シミュレーションでしか評価ができない観測対象を実際の流れから検証することができます。

詳しくはこちら

クリーンルーム内の画像

クリーンルームの異物を可視化する

クリーンルームの異物対策とは、製品の品質保証と製造効率の向上にとって極めて重要な課題です。カトウ光研では異物対策として、微粒子の可視化を提案しています。適切な異物対策を講じることで、製品の不良率を減少させ、歩留まりの向上や生産コスト削減につながります。

詳しくはこちら

溶接中の画像

溶接中のシールドガスを可視化する

カトウ光研が提案するシールドガスの可視化技術は、強烈なアーク光を取り除き、シールドガスの効果を実際に観察することができます。これにより、ブローホールやスパッタの発生を最小限にする検証が可能です。シールドガスの可視化によって、ガスの最適な流量をダイレクトに確認できます。

詳しくはこちら

自動車の後方の画像

自動車製造プロセスの不良を可視化する

自動車製造では、研究開発・製造管理・品質管理など多くの工程でコスト低減が求められています。特に自動化の進む塗装や金属プレス、溶接の工程では原因が特定できない不良の発生も多くあり、解明に可視化技術が役立てられています。自動車製造で活かされる可視化技術を紹介いたします。

詳しくはこちら

レンタル RENTAL

製品のレンタル
  • RENTAL

製品のレンタル

研究の進行に合わせてフレキシブルにサポート。
カトウ光研では製品のレンタルを行っています。

可視化事例 VISUALIZED IMAGE

可視化事例のイメージ_レンズを持つ画像
  • CASE STUDY

可視化事例を動画で紹介

カトウ光研の可視化技術を実写映像で紹介いたします。
最新の可視化事例を随時更新中。

デジタル画像相関法ステレオDIC_皮膚のひずみ

【最新動画】2024.5.8
デジタル画像相関法で皮膚のひずみを解析!ステレオDICの実例紹介
今回の動画では、デジタル画像相関法(DIC)を使って人の皮膚のひずみ(strain)を計測しています。ステレオDIC(カメラ2台を使用)を用いて、手のひらと腕のひずみを3次元で計測しました。手のひらと腕にペンで圧力を加え、その際のひずみを詳細に解析します。

技術コラム COLUMN

流れの可視化とは

歴史から手法まで解説

スモークワイヤー法による流れの可視化

流れの可視化は、流体の動きや特性を視覚的に捉えるための技術や手法を総称したものです。流体の動きを直接目で確認することは難しいため、この技術は流体の挙動を理解し...続きを読む

PIVとは

計測の原理やメリットを解説

PIVとは_技術コラム

PIVは、Particle Image Velocimetryの略で粒子画像流速測定法を意味します。流れ場における多点の瞬時速度を非接触で測ることができる流体計測法になります...続きを読む

シュリーレン法とは

原理の解説から現象動画まで紹介

シュリーレン法とは_技術コラム

シュリーレン法とは、透明体の中に屈折率の異なる部分があるとき、光の進行方向の変化を利用してその部分が明確に見えるようにする光学的手法です。...続きを読む

お役立ち資料 DOCUMENT DOWNLOAD

PIVの入門ガイド

まずはここから!

トップページ用_PIV入門ガイド|必要な機材から計測手順までわかりやすく解説

「PIVって何?」「何ができるの?」「必要な機材は?」などこれからPIVをご検討されている方へ、大まかな概要を掴めるPIVの入門ガイドです。まずはPIVとはどういったものか?ざっくりと把握できます。...資料をダウンロードする

トレーサー粒子の基礎知識

PIV計測で知っておくべき

04_PIV計測で知っておくべきトレーサー粒子の基礎知識トップページ用

PIVの計測精度に関わる重要なトレーサー粒子についてお調べですか?この資料では、トレーサー粒子を選ぶ時に注意するポイントや特徴をわかりやすく解説しています。
...資料をダウンロードする

乱流エネルギーとレイノルズ応力

PIVで理解する流体の基本

トップページ用_PIVから理解する流体の基本|乱流エネルギーとレイノルズ応力の入門ガイド

PIVで求める乱流エネルギーとレイノルズ応力について焦点を当てて、身近なものでイメージした場合など解説します。どういった物理量なのか?概要を抑えることができます。
...資料をダウンロードする

サポート

製品のデモ、お見積りについてなどサポート全般のご紹介。

計算サイト一覧

可視化や画像分析に役立つ計算を行います。

カトウ光研公式ユーチューブチャンネル

製品のサンプル動画と可視化事例のご紹介しています。

会社ロゴ
会社ロゴ
お問い合せ・技術相談
Tel.0463-91-1281
受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)

Copyright (C) カトウ光研株式会社 All Rights Reserved.