シュリーレン用キセノン光源LS series

シュリーレン用キセノン光源_製品写真

シュリーレン用キセノン光源

”点光源からピンホールまでを一体化、複雑な光軸調整は簡素化”
シュリーレン用キセノン光源LS seriesは、シュリーレン法に特化した光源です。微細な屈折率の変化を視覚化するための、均一でクオリティの高い点光源を生み出します。さらに、点光源からピンホールまでを一体化することで、光軸調整が容易になりました。

お問合せ・技術相談

シュリーレン用キセノン光源LS series製品概要 ラインナップ・仕様

モデル 出力 光軸高さ 外形寸法
LS-75 75W 200mm W160mm × D370mm × H325mm
LS-300 300W 237mm W164mm × D370mm × H357mm
※製品のデザイン、仕様は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

シュリーレン法の光学レイアウト 構成例

レンズ式シュリーレンの光学レイアウト図

レンズ式シュリーレン
凸レンズを用いた直線配置により、コンパクトなレイアウトが可能です。
レンズ式シュリーレンAL series

凹面鏡式シュリーレンの光学レイアウト図

凹面鏡式シュリーレン
凹面鏡で平行光束(平行な光)を形成。様々な現象を鮮明に可視化します。
凹面鏡式シュリーレンCM series

シュリーレン法の構成品(必要なもの)

レンズ式シュリーレン
・キセノン光源(点光源)
・シュリーレンレンズ × 2 
・ナイフエッジ
・カメラ(ハイスピードカメラ、高解像度カメラなど)
・光学レール または マグネットベース
(※実験環境に応じてご相談ください)

凹面鏡式シュリーレン
・キセノン光源(点光源)
・凹面鏡 × 2
・屈折用平面鏡 × 2
・ナイフエッジ
・カメラ(ハイスピードカメラ、高解像度カメラなど)
・架台(※実験環境に応じてご相談ください)

※上記は全て標準的な構成例です。

ろうそくのシュリーレン画像_シュリーレン法とは

シュリーレン法とは【技術コラム】

シュリーレン法とは、透明体の中に屈折率の異なる部分があるとき、光の進行方向の変化を利用してその部分が明確に見えるようにする光学的手法です。媒質中を伝播する衝撃波や超音波の進行状況、炎による気流の上昇...続きを読む


製品に関するお問い合わせや技術相談を当社スタッフがお受けいたします。
※お電話でもお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・技術相談

関連製品

凹面鏡式シュリーレン一式の製品写真
凹面鏡式シュリーレンCM series

システム型シュリーレン

シュリーレン用キセノン光源XE-S製品写真
シュリーレン用キセノン光源LS series

シュリーレン用キセノン光源

シュリーレン用凹面鏡CO-S製品写真
シュリーレン用凹面鏡CM

シュリーレン用凹面鏡(単体)

溶接中シールドガス可視化システムShield_View製品写真
Shield View

溶接中プロセス可視化システム

ハイスピードカメラflux_k-240製品写真
ハイスピードカメラflux k-240

解像度1280×1024時 1,000fps
最高撮影速度:40,000fps

ハイスピードカメラPhantom_VEO_series製品写真
ハイスピードカメラPhantom VEO series

解像度1,280×960時 10,860fps

ハイスピードカメラ製品ラインナップ製品写真
ハイスピードカメラ

ハイスピードカメラ製品ラインナップ

固定配置お問合せ・技術相談ボタン
サポート

製品のデモ、お見積りについてなどサポート全般のご紹介。

計算サイト一覧

可視化や画像分析に役立つ計算を行います。

カトウ光研公式ユーチューブチャンネル

製品のサンプル動画と可視化事例のご紹介しています。

お問い合せ・技術相談
Tel.0463-91-1281
受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)

Copyright (C) カトウ光研株式会社 All Rights Reserved.